サイト名:「天職の転職エージェント(人材紹介業)」の画像

ITエンジニアの職種

 IT系の人の転職を考えた時、ITエンジニアと言われる職種は、どのくらいあるのだろうか?ちょっと気になったので、人材紹介会社などに企業が登録するときの、あるいは、人材紹介会社が分類した結果としての職種の種類を・・・
Last Update: 2018.11.03

人材紹介サイトであることを示すイメージ写真

ITエンジニアの職種

■サイト内の関連ページ
 ・ITエンジニアの職種(本ページ)
 ・ITエンジニアの転職
 ・IT系エンジニアの平均年収ランキング
 ・IT エンジニアの求人が多いサイト一覧
 ・IT系人材サービス会社一覧
 ・ITエンジニアが選ぶ「働いてみたい企業」2010年、・ITエンジニア転職人気企業ランキング
 ・システムエンジニアの求人が多いサイト一覧
 ・ネットワークエンジニアの求人が多いサイト一覧


 IT系の人の転職を考えた時、ITエンジニアと言われる職種は、どのくらいあるのだろうか?ちょっと気になったので、人材紹介会社などに企業が登録するときの、あるいは、人材紹介会社が分類した結果としての職種の種類を調査して書いて見ました。


 驚くほど多くの種類が登録されていました。以下に結果を記載しますが、上級職、管理職らしいのをなるべく下の方に書きました。


 トレーナ・インストラクターと言われる職種】

研修コースの企画、カリキュラムや教材の開発、インストラクションを担当する。業務内容:人材開発マネジメント、コース企画、トレーニング、インストラクション(引用:パソナテック


 セールス&マーケティングと言われる職種】

販売チャネル戦略の企画/立案を行い、顧客ニーズ実現のための、ソリューション/製品の提案や販売を行う。業務内容:マーケティング、ソリューションセールス、プロダクトセールス、プロモーションセールス(引用:パソナテック


 プログラマーと言われる職種】

プログラマー(サーバサイド)
webプログラマー◆100%自社製品開発◆
SE・プログラマ
 どんな仕事?→(出典DODA)SE・プログラマは、一般的には、システム開発において、もっぱら要件(要求)定義や基本設計などといった上流工程にたずさわり、顧客折衝などを含め担当するのがSE(システムエンジニア)、プログラミングを中心とした実際のシステム構築、実装を担当するのがプログラマ、と考えられることが多いようです。ただ、両者に明確な定義というものはなく、その境界線というのはあいまいな部分もあります。相応の技術的知識とコミュニケーション能力を兼ね備えているに越したことはありませんし、それが実際の仕事の幅を広げ、結果としての高収入へつながりやすいことは事実でしょう。


 SEと言われる職種】

DBエンジニア(初級SE)
システムズエンジニア
インフラ開発SE
ネットワークシステムSE
企業向ISPのサーバシステムエンジニア


 エンジニアと言われる職種】

Linuxエンジニア

データベースエンジニア【大規模ゲームサイトのDBサーバー設計】
サーバアーキテクチャ開発エンジニア
サーバクライアントエンジニア
サーバー関連エンジニア
インフラ構築エンジニア
ISPインフラ構築・運用エンジニア(サーバー系)
サーバーエンジニア
 どんな仕事?→(出典DODA)サーバーエンジニアは、今なお日進月歩の進化を続けるネットワーク技術の中で、その基幹を担うサーバーの構成やセットアップ、運用中の各種設定変更などを担当するのがサーバーエンジニアです。ひとくちにサーバーと言っても当然ながらその種類はさまざまであり、Webサーバーやメールサーバー、DBサーバー、アプリケーションサーバー、ファイルサーバー、プリンタサーバー…など、それぞれに求められる技術や知識も微妙に異なってきます。いまやサーバーの停止はビジネスの停止を意味するものであり、目立ちにくいポジションではありますが、その職務の重要性は極めて大きなものがあります。

セキュリティエンジニア(IDS/IPS監視サービス)
テクニカルエンジニア
ITエンジニア
交換機系エンジニア(L)
ゲーム開発エンジニア(オンラインゲーム用のネットワーク・サーバーの設計〜構築)
ネットワークエンジニア
 どんな仕事?→(出典DODA)ネットワークエンジニアは、コンピュータネットワークの構築にあたり、ネットワークの設計・構築やテスト、また実際に稼働した後の保守・運用などに携わります。いまやビジネス/コンシューマともネットワークインフラなしでは成立せず、きわめてニーズの高いポジションといえるでしょう。求められる技術・知識は幅広く、ネットワーク構成や通信プロトコルなどに加えてOS、サーバーなどプラットフォームに関する技術、あるいは昨今ではセキュリティ関連のニーズも高く、ネットワークの高度化・複雑化にともなって求められる知識や技術も日々向上してきています。

ネットワークエンジニア※構築業務へのキャリアアップ可
ネットワーク設計構築エンジニア
ネットワークコンサルティングエンジニア【運用コンサルティング】
ネットワークコンサルティングエンジニア/セキュリティ
Webサービス系エンジニア
セールスエンジニア(移動体通信担当)


 【社内情報システムと言う職種】

 どんな仕事?→(出典DODA)社内情報システムと言う職種は、事業会社における情報システム部門のエンジニアとして、パートナーとなるSIerやソフトウェア開発会社に対する指示や依頼を行なうことが業務の中心になります。いわゆるSEとしての業務だけでなく、ときにはプロジェクトマネジャー、ときにはITコンサルタントのような役割を担うこともあり、実際に開発を行うというよりも、業界・業務知識を元に的確なシステム構築をリードする、といった色合いが濃いといえるでしょう。社内情報システムは安定的な就労という観点で転職希望者が多く人気のポジションですが、欠員補充での採用も多いなど採用ニーズはさほど強くなく、競争の激しい部分もあります。


 エンジニアリングと言われる職種】


機械製造分野における設計、製造。電気/電子機器製造分野における回路設計およびインプリメント。組込ソフトウェア製造分野におけるアーキテクチャ設計、ソフトウェア設計、実装を行う。また、CAD/CAMを用いる設計支援業務も含まれる。業務内容:機械/プロダクトマネジメント、機械/設計エンジニアリング、機械/オペレーション、電気、電子/プロダクトマネジメント、電気、電子/設計エンジニアリング 、電気、電子/オペレーション、組込ソフトウェア/マネジメント、組込ソフトウェア/アーキテクト、組込ソフトウェア/デベロップメント、組込ソフトウェア/QA (引用:パソナテック


 デベロッパ(開発系)と言われる職種】

システム構成要素のインプリメントとテスティングを担当する。 業務内容:アプリケーションデベロップメント、テスティング、テストオペレーション(引用:パソナテック


 クリエイターと言われる職種】

クリエイティブ分野(広告、DTP、CG、Web、映像等)において、コンテンツの企画、デザイン、制作を行う。業務内容:クリエイティブプロデュース、クリエイティブディレクション、クリエイティブデザイン、クリエイティブオペレーション(引用:パソナテック



 サポートエンジニアと言われる職種】

アカウントサポートエンジニア
ハイタッチテクニカルサポートエンジニア(HTTS)
サポートエンジニア(LR/M)【OSSサポートエンジニア】
カスタマーエンジニア
オラクルサポート
インフラサポート要員(契約社員)
フィールドサービスエンジニア
テクニカルサポート
 どんな仕事?→(出典DODA)テクニカルサポートは、パソコンや周辺機器、アプリケーション、ネットワークなど、ITやシステムに関する問い合わせやクレームに対応することが主な業務となります。大きく分けて一般顧客に対してサポートを行うケースと、企業内で社員に対するサポートを行うケースとありますが、いずれの場合でも、製品やシステムに対する幅広い知識とコミュニケーション能力が求められる資質であり、市場価値を決定する大きな要因となります。自社製品に精通していることは大前提ですが、特定の製品にかたよらず、常に幅広い知識を身につけ続けることが重要でしょう。

 

 サービス&サポートと言われる職種】

顧客に対してサポートサービスを提供する。SLAに基づいて技術的なサポート業務を遂行する。また、問合せの受け付けおよびエスカレーション窓口を担当する。業務内容:サービスマネジメント、スーパーバイズ、テクニカルサポート、サービスデスク(引用:パソナテック


 運用エンジニア・オペレーション系と言われる職種】

ネットワーク運用エンジニア(大規模ネットワーク)
運用エンジニア(自社システム)
ゲームシステム運用
オペレーションスタッフ(オペレーショングループ)

 システム運用系と言われる職種】

自社システムの運用/監視、サービスの維持、障害予防および障害回復を行う。また、ユーザからの各種問合せ、障害通知などに対するヘルプデスク業務も行う。業務内容:運用マネジメント、運用アドミニストレーション、運用ヘルプデスク、システムオペレーション(引用:パソナテック


★★★★★★★★★★★★
年収600万円超のITエンジニア求人が760件有り(DODAが注目する求人情報)
★★★★★★★★★★★★


 アナリストと言われる職種】

顧客の経営・業務上の問題を分析し、システム化企画、開発範囲の定義、要求仕様書の作成等を行う。業務内容:ビジネス分析、システム分析、要求分析(引用:パソナテック


 コンサルタントと言われる職種】

テクニカル・コンサルタント
ITコンサルタント
 どんな仕事?→(出典DODA)ITコンサルタントが担う業務領域としては、ひとことで言うならば“企業の経営課題を解消するためのIT戦略の提案と実行、そのためのコンサルティング”ですが、具体的な職務は非常に多岐に渡ります。クライアントの抱える課題は何か、またそれを解消するために最適なシステムはどのようなものか、そもそもの業務プロセスに問題はないか…など、クライアントとのコミュニケーションを通じて顕在的・潜在的課題を抽出し最適解を提示しなければなりません。技術的知識やコミュニケーション能力、加えて経営知識やクライアントの業務知識など、必然的に求められる能力はハイレベルですが、その分、平均年収はIT業界でトップの水準。ITエンジニアのキャリアとして、ひとつの頂点であることは間違いないでしょう。

コアネットワーク・コンサルタント
無線ネットワークコンサルタント
次世代ビジネスの主役になるアウトソーシングコンサルタント

 これ以外にも、コンサルタントの職種は、マイナビエージェントの転職市場レポート「 IT業界ページ」などを見ると多数あります。公開求人も探すことが出来ます。

 
●システムコンサルタント(業務系):14件
●システムコンサルタント(テクニカル系):12件
●パッケージ導入コンサルタント(ERP/CRM/SCM等):80件


コンサルタントは、特定分野に関する専門知識と豊富な経験を活用し、顧客が抱える問題に対する助言、指導を行う。(引用:パソナテック

 スペシャリストと言われる職種】

ITスペシャリスト(ホスト・サーバー)
ITスペシャリスト(Web系インフラ開発)【サービス事業】
インフラ基盤構築スペシャリスト(企画〜設計・構築、運用支援)
ITアーキテクト【インフラ構築スペシャリスト】

 プロダクトスペシャリストと言われる職種】

特定のプロダクト技術に精通しており、その導入、設定、カスタマイズを担当する。業務内容:プラットフォーム、システム管理、ネットワーク、データベース、業務パッケージ、セキュリティ、プロダクトセットアップ、セットアップオペレーション(引用:パソナテック

 その他スペシャリストと言われる職種】

他の職域における業務を補完するための作業を担当する。業務内容:テクニカルライティング、PCオペレーション(スペシャリストという意味が人材サービス会社によってもだいぶ異なる例として見て下さい。ここではマニュアル作成やアシスタント業務もスペシャリストに分類→)(引用:パソナテック


 アーキテクトと言われる職種】

顧客のシステム化計画、および要求仕様に基づいて必要なソリューションの枠組みを策定し、システム基盤、ソフトウェア構造を設計する。また、システム構成要素における機能設計、データベース設計、運用設計も担当する。業務内容:ソフトウェアアーキテクチャ設計、アプリケーション設計、データベース設計、テスト設計、システムアーキテクチャ設計、運用設計 (引用:パソナテック


 マネージャーと言われる職種】

インフラSE【プロジェクトマネージャー】
サービスアカウントマネージャー/サービスプロバイダー担当
プロジェクトマネージャー
シニアプロジェクトマネージャー
システム管理者


 プロジェクトマネージャーと言われる職種】

どんな仕事?→(出典DODA)プロジェクトマネージャーは、システム開発プロジェクトの遂行にあたり、名の通りそのマネジメントを担います。プロジェクトメンバーや進捗・コストの管理に加え、費用見積もりなどクライアントとの折衝なども担当するポジションゆえに、技術的バックボーンもさることながら、高いコミュニケーション能力や経営的観点など、幅広い資質が求められます。当然ながら誰でもなろうと思ってなれるポジションではありませんが、SEからプロジェクトリーダー(PL)へ、そしてマネジメント経験を高めてプロジェクトマネジャー(PM)へ、といった流れでキャリアを積む方が多いようです。ITエンジニアのキャリアにおいて、ひとつの代表的な目標地点であるともいえます。

・プロジェクトの計画策定、進捗管理、測定、変更管理、リスク管理を実施し、プロジェクトのスコープ、コスト、期間、契約上の成果物を管理することに対する責任を持つ。また、品質保証、リソース調整、構成管理、システム移行も担当する。業務内容:プロジェクトマネジメント、プロジェクトマネジメント アドミニストレーション、リソースマネジメント、品質マネジメント、デプロイメントマネジメント、コンフィグレーションマネジメント(引用:パソナテック


PR:IT業界専門転職支援サービスのワークポート。


 以上ダブりもあると思いますが、約50種類にもなります。この中で、管理職らしい職種をピックアップすると、12種類くらい含まれています。

ITスペシャリスト(ホスト・サーバー)
ITスペシャリスト(Web系インフラ開発)【サービス事業】
インフラ基盤構築スペシャリスト(企画〜設計・構築、運用支援)
ITアーキテクト【インフラ構築スペシャリスト】
インフラSE【プロジェクトマネージャー】
プロジェクトマネージャー
サービスアカウントマネージャー/サービスプロバイダー担当
システム管理者
シニアプロジェクトマネージャー


 IT系の転職の方は、現在どの職種にあって、これらのどの職種を希望しているのか、そして、キャリアアップしていく中で、どのような職種を経験して、より上位の職種に上がって行きたいのかなどを、十分考慮する必要があると思われます。(ITエンジニアのキャリアパスについては、ITエンジニアの平均年収ランキング参照)

 というのは、転職するにあたり、少なくとも、面接などの質問の1つに用意されているだろうと想像するからです。また、キャリアアップの過程を自分なりに設計して行くことは、本人にとってもかなり重要と思われ、また企業側もそれについて、高い関心を持っていると思います。

■サイト内の関連ページ
 ・ITエンジニアの職種(本ページ)
 ・ITエンジニアの転職
 ・IT系エンジニアの平均年収ランキング
 ・IT エンジニアの求人が多いサイト一覧
 ・IT系人材サービス会社一覧
 ・ITエンジニアが選ぶ「働いてみたい企業」2010年
 ・システムエンジニアの求人が多いサイト一覧
 ・ネットワークエンジニアの求人が多いサイト一覧






 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.