サイト名:「天職の転職エージェント(人材紹介業)」の画像

ネットワーク エンジニア 転職

 このページに入って来た人が、知らないことはないのですが、まず、一般的にネットワーク エンジニアとは、どんな職種を指しているのでしょうか?ウェブ上のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で一応調べてみますと、こう書いてあります。
Last Update: 2018.11.03

人材紹介サイトであることを示すイメージ写真

ネットワーク エンジニア 転職

 このページに入って来た人が、知らないことはないのですが、まず、一般的にネットワーク エンジニアとは、どんな職種を指しているのでしょうか?ウェブ上のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で一応調べてみますと、こう書いてあります。

 「 ネットワークエンジニア (Network Engineer、NE)とは、コンピュータ・ネットワークシステムの提案、設計、構築、運用・保守などに従事する職を指す。様々なネットワーク機器(ルータやスイッチなど)、ネットワーク回線、プロトコルに精通する。

システムエンジニアの職務内容と一部重なるところもあり、システムエンジニアの中で、特にネットワーク部分に特化している情報技術者のことを指す。 」

とあります。



【ネットワークエンジニアの認定資格】

 また、ネットワークエンジニアの認定資格として、国家資格 では、

 ・情報処理技術者
 ・テクニカルエンジニア (ネットワーク)     :情報処理技術者試験の一区分で、一番難関と言う
 ・テクニカルエンジニア (情報セキュリティ)  :情報処理技術者試験の一区分
 ・情報セキュリティアドミニストレータ     :情報処理技術者試験の一区分

があり、民間資格(ベンダー資格) として代表的なものは、下記のものが挙げられてます。

 ・Cisco技術者認定(CCNA・CCNP・CCIE等):年収目安外資系企業800万(2008年リクルートムック調べ)
 ・マイクロソフト技術者認定(MCP・MCSE等):フリーSEの日給目安3万円〜(2008年リクルートムック調べ)
 ・Linux技術者認定(LPIC等) :年収目安600〜1500万円(2008年リクルートムック調べ)
   →LPI 認定試験対策講座


 ただ、この職業は、これらの資格がなければできないという、独占業務はないようで、逆に、資格合格していない者が情報処理技術者と名乗ってもまずい訳でもないようです。

 しかし、資格を取っておくのが、転職に有利なことは、間違いないでしょうし、特に、テクニカルエンジニア (ネットワーク)の国家資格などの取得は、スキルを高め、キャリアアップしていく上で、大きな自信につながると思います。

 さて、この職種の現在のおかれた環境を見てみますと、インターネットが爆発的に普及した事による慢性的な人材不足があり、技術職にも関わらず文系出身者も多いようです。

 また、実務上の実態として、長時間残業、過酷な成果主義、日々新しくなっていく技術についていけなくなり、2,3年で転職してしまう人も多いようです。このため新3K職などと言われることもあるようです。

 しかしながら、よりスキルを高め、より多くのプロジェクトを経験することが、自身のキャリアに大きく影響するので、長い人生設計の上では、(鈍感になるという)忍耐が必要な時もあると思います。

 転職などにより、より上位の職種やポストを目指す人にとって、この業界では、どの様な経験を積んで来たか、そして、今後どんな経験を積み、どんな人材になりたいのか、が重要視されるので、是非、大きな流れの中での、現在の業務の位置付けを捕らえて行きたいものです。

 ITエンジニアの職種というページの方に、人材紹介会社などに企業が登録する、あるいは、人材紹介会社が分類した結果としての職種の種類を書きました。

 こういったたくさんの職種の中で、現在の仕事の位置付けを捕らえておけば、今後の発展・展開に役立つものと思います。

 ■サイト内の参考ページ
  ・ネットワークエンジニアの求人が多いサイト一覧
  ・IT エンジニアの求人が多いサイト一覧






 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.