天職のくち入れ屋 ロゴ

転職希望のエンジニアと求人

 「転職 エンジニア 求人」という、キーワードで検索される方が少なからずいます。このページでは、「転職希望のエンジニアと求人」ということで、調査・検討・整理して見ました。 最近、大手に限らず人材紹介会社や転職情報系のサイトでは、エンジニアの転職を一般の転職サイトと切り離し、専門サイトとして公開しているところが増えています。
Last Update: 2018. 7. 10

各エントリー記事ページのヘッダー写真

転職希望のエンジニアと求人

 「転職 エンジニア 求人」という、キーワードで検索される方が少なからずいます。このページでは、「転職希望のエンジニアと求人」ということで、調査・検討・整理して見ました。

最近、大手に限らず人材紹介会社や転職情報系のサイトでは、エンジニアの転職を一般の転職サイトと切り離し、専門サイトとして公開しているところが増えています。


エンジニアの転職は、コンサルティング面からだけ見ても、それだけ複雑化、専門化しているということの現れでしょうか。エンジニアの中でも細分化が進んでいて、ITエンジニアの転職の専門サイトも登場しました。

 この背景には、2008年3月施行の日本版SOX法のIT化対応があり、企業は内部統制の目的を達成するために、IT化内部統制システムの構築に力を入れざるを得ない状況にあることもあります。

さて、転職希望のエンジニアが、皆このIT分野の希望ということではありませんので、本カテゴリーでは、エンジニアの転職全般について記事を掲載しています。

 エンジニアの転職で、割りと敏感に時代の流れや要望を捕らえていると思われるサイトとして、まず挙げられるのは、転職情報系サイトである、「リクナビNEXT」です。


 このサイトには、匿名レジュメ登録して、「あなたに会いたい」企業からのオファー が来る、スカウトを待つDODAスカウトサービス)というものがあります。

このスカウトを待つというページを見てみますと、企業から届いたオファーのかなりの職種が、エンジニアであることが分かります。実際のオファー職種を書き出して見ますと、

●営業、事務、企画系。
●サービス、販売系 。
●クリエイティブ系。専門職系(コンサルタント、金融、不動産)。
●技術系(ソフトウェア、ネットワーク) 。
●技術系(電気、電子、機械)。
●技術系(素材、食品、メディカル)。
●技術系(建築、土木) 。

などで、特にエンジニア系の転職では、このような、潜在的希望者を含め、転職希望者と経験・スキルを求める企業とのマッチングを取るという、新しい転職の流れが起きていることがハッキリと分かります。

今すぐ転職を希望してはいないが、今後転職を視野に入れているエンジニア(潜在的転職希望者)の方がとりあえず、サイトに匿名で登録しておき、じっくりと自分に合った、企業からのオファー が来るのを待つという姿が浮かんで来ます。

 サイト登録しておけば、個人的に企業から届いたオファー数や企業に検索された回数なども詳細にわかり、自分のキャリアの市場価値も見えてきます。ある意味、こういったマッチング転職方法は、理想的かも知れません。

以下に、このようなスカウトサービスをしてるサイト一覧やエンジニア系の転職情報サイトや人材紹介会社サイト一覧などを下欄に書き出しておきます。ぜひ参考にして下さい。


 スカウトサービスしてる転職情報サイトや人材紹介会社サイト

 ●無料・匿名で100社以上の人材紹介会社からスカウトが受けられる!【人材バンクネット】

 ●株)インテリジェンスの転職支援サービス:DODAスカウトサービス:←いちばん上の左側「スカウトサービス」をクリック


 ■エンジニア系の転職情報サイトや人材紹介会社サイト一覧

 ●エンジニア専門の転職支援:メイテック:転職支援サービスです。

 ●IT業界専門転職支援サービスのワークポート
  :株)ワークポートの人材紹介会社サイト

 ●全てのITエンジニア・クリエーターの自己実現をサポートする仕事情報サイト“パソナテック”


  :元は派遣会社だが、正社員、もしくは紹介予定派遣による転職の支援サービスも展開。「派遣」「正社員」「個人事業主」などの就業スタイルも提案。


 ■まず、エンジニア系派遣会社の紹介予定派遣や正社員で働く場合

 ●エンジニアの為の新しい転職スタイル、それが紹介予定派遣:株)インテリジェンス






 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.