天職のくち入れ屋 ロゴ

不足する薬剤師の争奪戦

 薬剤師の争奪戦が激化しているらしい。2013年春にドラッグストアと調剤薬局の大手9社で、2012年実績の約2倍に当たる計2000人の新卒採用を計画という日本経済新聞の報道がありました・・・
Last Update: 2018. 2.24

各エントリー記事ページのヘッダー写真

不足する薬剤師の争奪戦

 【お知らせ】:薬剤師の転職情報ページは、薬剤師専門のサイトへ独立移転しました。
最新の情報は→★薬剤師の求人・転職サイトを比較からどうぞ

■お役立ちの関連ページ
 ・薬剤師の年収相場(職場・仕事別)

 薬剤師の争奪戦が激化しているらしい。2013年春にドラッグストアと調剤薬局の大手9社で、2012年実績の約2倍に当たる計2000人の新卒採用を計画という日本経済新聞の報道がありました。


(注記):ドラッグストアと調剤薬局の大手10社とは?(2012年8月)
 ドラッグストア大手5社は、「サンドラッグ、ツルハHD、スギHD、マツモトキヨシHD、カワチ薬品」と言われるが、調査元により違いがあるようです。
 調剤薬局の大手5社は、「アインファーマシーズ、日本調剤、総合メディカル、クオール、メディカルシステムネットワーク」と言われています。

 さて、

 一般の学生が就職難に直面しているのとは対照的に、薬学部の学生は極端な「売り手市場」の状態が続いています。同じように人材不足に苦しむIT業界のように、待遇改善競争も活発になり始めました。

 業界平均を大幅に超えた年俸制インターンシップ導入など新たな対策に動く企業が目立ちます。

 以下は、その要約の紹介です。


【ドラッグストア大手の採用計画】

 ★「ツルハホールディングス

 ・2012年春に比べ、3倍超の200人の採用を計画する。

 ・企業説明会の回数を前年比2倍に、全国各地で1月あたり10回程度開催。

 ・5年生の時に課せられる1月半ほどの実務実習でも積極的に受け入れることで薬学部学生との接点を充実させる。

 ★「マツモトキヨシホールディングス

 ・2012年に比べ、2倍の200人を計画。

 ・2013年採用の学生向けに店長業務を学ぶインターンシップ制度を初めて導入。

 ・待遇や経営方針を伝える企業説明会の回数を前年比で2割増やす。

 ★「グローウェルホールディングス」(ウエルシアホールディングスに9月から商号変更)

 ・2012年に比べ、2倍の200人を目指す。

 ・2012年入社の薬剤師に年俸制を導入1年目で年俸600万円と、他社と比べて3割程度高い給料を提示して学生を呼び込む。


【調剤薬局の大手の採用計画】

 ★最大手の「アインファーマシーズ

 ・2012年に比べ、60%増の300人の採用目標

 ★「日本調剤」(日本調剤グループの「ファルマスタッフ」の求人チェック)

 ・2012年に比べ、約3倍の300人以上の採用目標

 ★「クオール

 ・2012年に比べ、60%増の300人の採用目標

 と、軒並み、2倍〜3倍といったすごい倍率で増やす計画である。



 こういった状況の背景には、まず、薬学部が4年制から6年制に移行し最初の卒業生を出した2012年は、学生から人気の高い大病院や製薬会社が採用枠を拡大しました。

 このためドラッグストアや調剤薬局は、計画に対して5〜7割程度しか採用できなかったようです。調剤業務を担う薬剤師が不足すれば出店戦略にも支障を来すため、人材確保に躍起になっているのです。


 さらに大きな背景としては、「医薬分業」の国の政策がありました。

 国は医療費抑制策の一環として、処方箋を出す医療機関医薬品を販売する調剤薬局を分ける「医薬分業」を進めています。

 このため薬剤師の5割強を占める調剤薬局の専業チェーンも近年、店舗数を拡大するようになりました。

 しかし、ここへきてドラッグストアも調剤事業を相次ぎ強化しています。その理由は、薬価や調剤報酬が厚生労働省によって定められているため、安売り競争に陥らず、安定収益の確保につながるためだということです。

 高齢者の増加で11年度の医療費は過去最高の37.8兆円に達しました。慢性的な薬剤師不足が続く中で、小売りだけでなく、病院や製薬会社など業界を越えた薬剤師争奪戦は激しさを増しています。

 高齢化に伴い在宅医療も広がる中、薬剤師の役割は拡大しており、当面不足問題が続きそうだとのことでした。



【サイト内の関連ページ】:
  ・薬剤師の求人が多いサイト一覧
  ・薬剤師の求人が大幅に増加予定






 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.