サイト名:「天職の転職エージェント(人材紹介業)」の画像

おすすめ度の評価基準・尺度

 おすすめの評価基準・尺度は、人材紹介会社、人材派遣会社、転職情報サイト、そして派遣情報サイトなどを選んで行く時の、当サイトで考えた独自の評価尺度です。決してこれが全てではありませんが、転職での成功を勝ち取るための有力な手段となれば幸いです。
Last Update: 2018.11.03

人材紹介サイトであることを示すイメージ写真

おすすめ度の評価基準・尺度

 おすすめ度の評価基準・尺度は、人材紹介会社、人材派遣会社、転職情報サイト、そして派遣情報サイトなどを選んで行く時の、当サイトで考えた独自の評価尺度です。決してこれが全てではありませんが、転職での成功を勝ち取るための有力な手段となれば幸いです。

 【人材紹介会社、人材派遣会社の場合の尺度】

 ★コンサルタント 相談力(コンサル 力)

   1.コンサルタントの質

     やはり、転職者と求人企業の間に立つのですから、(成約数を求めるのではなく)、転職希望者には、親身になって「活躍できる企業」を探し、また企業に対しては、「求める人材とマッチ」するかどうかの、双方を時間をかけて、じっくり調査してもらえるかどうかを知りたいのではないでしょうか。

このため、「コンサルタント資格」があった方がいいでしょう。また、もし担当となったコンサルタントの人と相性が合わないと感じたら、すぐに変更を申し出た方が良いでしょう。(転職者は、口コミサイトや掲示板などで探しているようですが。)

 ※1.「CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)資格」:日本キャリア開発協会(JCDA)が実施する認定試験制度。キャリアカウンセラーの実務家向け資格で、2000年に誕生。2006年6月現在で、約5,000名の資格者がいる。
 ※2.「人材紹介コンサルタント資格」:社団法人日本人材紹介業協会が2006年より始めた認定試験制度で、「シニアコンサルタント資格」と「コンサルタント資格」とがある。
 ※3.「GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格」:キャリアカウンセリング協会が実施のカウンセラー資格。

   2.コンサルタントの数(割合)

     おそらく、中小の人材企業は、大手企業に対して、コンサルタントの数では敵わないでしょう。しかし、数十名の転職登録者に対して、1コンサルタントが掛け持ち対応というのであれば、大手でも期待はずれです。もし、1対1に近い数で、専任のコンサルタントが付いてくれるのであれば、中小の人材企業でも十分かもしれません。従って、転職登録者に対して1名に近い割合でコンサルタントがいるのかどうかは大切でしょう。

   3.サービス(サポート)の力

     ・交渉力 :給与アップなど、実績を示す数字
     ・独自のサービスなど
     ・転職登録者が「転職後、成功したか」どうか気にかけているか

 ★非公開求人数や質

   一般の転職情報・派遣情報サイトで検索しても出て来ない隠れた求人、それが重要なのは、求人する企業しかわかりません。新分野進出などと言った企業の重要な秘密の求人は、決して目に付くところにはないでしょう。特に経験の十分ある転職者の希望職は、非公開求人の中に多いと思います。
 これも数ではなく、質が重要でしょうか。

■サイト内の関連ページ人材紹介会社お薦めランキング


 【転職情報サイト、派遣情報サイトの場合の評価基準】

 ★検索のしやすさ
   ・職種、勤務地、募集年齢、希望年収、雇用形態、業種、キーワード、上場企業、管理職、英語、その他のこだわり条件などが細かく、検索条件にできると便利。

 ★求人数と質
   ・多いいに越したことはありませんが、質も重要です。

 ★転職サポート
   ・サイトが独自で、履歴書の書き方添削など、転職希望者のサポートをしてくれる場合もあるようです。

 ★スカウトサービス
   ・最近増えてるようですが、どこまでのサービスなのでしょうか。

 ★年収査定サービス
   ・どんな基準でやってるのでしょうか。

 ★お役立ち情報の量や質
   ・独自のサービスがあったら、チェックしたくなります。






 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.