天職のくち入れ屋 ロゴ

リクルートエージェントのおすすめ度を評価

 人材紹介会社のリクルートエージェントは、業界最大手だが、ここからだと書類選考の合格率が高いとか、コンサルタント数は、業界最多とも聞こえてくる。詳細な面で、オススメ度はどのくらいなのでしょうか。
Last Update: 2017.10. 9

各エントリー記事ページのヘッダー写真

リクルートエージェントのおすすめ度を評価

【リクルートエージェントとは、どんな会社?】

 転職支援のリクルートエージェント(http://www.r-agent.co.jp/)は、株式会社リクルートエージェントが運営する転職エージェントサイトです。事業拠点は、東京のを中心に全国16ヶ所を網羅しています。
リクルートエージェント

人材分野を得意とするリクルートグループの企業ですので、サイト掲載情報やサービスなども安心して利用することができます。現在の登録求人数は約10万件以上、年間の登録者数も10万人以上、さらに年間転職決定者数は26000名以上という、超大規模かつ実績のある転職エージェントサイトです。

サイト画面はあらゆる情報が満載されています。サイト上部には、まず「いつかは転職を」と考える人向けのページと、「すぐに転職支援サービスを」申し込みたい人とに分かれたリンクがあります。

各リンクをクリックすると、Flash画面が見やすいサービス概要説明へと移行します。サイト下部にスクロールしていくと、業界別、エリア別に分けての転職動向ドについて、プロのトレンド分析情報を読んでいくことができます。

自分がやりたい仕事や住んでいるエリアについて、その動向を知ることは非常に大切なことです。リクルートエージェントではこの重要な部分にもサイト画面を十分に割いて利用者に必要な情報を提供しているのです。

フェア関連も頻繁に行われているエージェントです。現在のところ、ITエンジニア向けのフェアや、第二新卒向けのフェアが開催されているようです。もちろんモバイルサイトも充実していますので、こちらも利用してみましょう。



得意なジャンル:営業、IT・通信系エンジニア
スカウトサービス:不明
ユニークサービス:面接力向上セミナー
転職フェア・セミナー:豊富
カバーしてるエリア:(全国)
求人数 :公開 2508件/非公開26,649件(2010年4月)

顧客満足度No.1・業界最多の非公開求人を謳う
リクルートエージェントの
公式サイトで詳細チェック



 人材紹介会社のリクルートエージェントについて、前のページの「おすすめの評価基準・尺度」で挙げた項目中心にホームページ上から調べてみました。オススメ度はどのくらいなのでしょうか?


コンサルタント 相談力(コンサル 力)

 ●コンサルタントの質
  【ネット上のメディア・評価(当サイト含む)】

<利点>
  ・コンサルタントの質が高いという体験談・評価が多い。(5件以上)
  ・ここからだと書類選考の合格率が高いとか、転職理由がはっきりしてる場合は、頼りになるという評価など。
   ・オリコンの顧客満足度ランキングで第1位。(2006年)
<欠点>
  ・コンサルタントの質が悪いという書き込みブログ:1件あり。(業界最大手のためかも)。

 ●コンサルタントの数(割合)
   (多数の転職登録者に対して、1コンサルタントが掛け持ち対応なく、1対1に近い数かどうか知りたい。)


  【「リクルートエージェントサイトのチェック結果

  ・コンサルタント数:業界最多の580人以上と宣言。
  ・リクルートエージェントがキャリアアドバイザーと呼ぶ転職コンサルタントのプロフィールを公開していた。業界、職種、地域ごとに担当がいる。

  【確認できた41名の、キャリアアドバイザー紹介】

☆IT/通信/インターネット   :代表3名
☆半導体/電気/電子    :代表2名
☆自動車/機械/化学     :代表3名
☆不動産/建設/設備     :代表2名
☆金融/コンサルティング   :代表1名
☆メディカル/バイオ/食品 :代表2名
☆消費財/サービス/店舗 :代表2名
☆営業関連            :代表3名
☆管理部門/マーケ/企画 :代表3名
☆北海道エリア          :代表2名
☆東北エリア           :代表2名
☆関東エリア          :代表4名
☆中部・東海エリア       :代表2名
☆関西エリア          :代表1名
☆中国・四国エリア       :代表3名
☆九州・沖縄エリア       :代表2名
☆ 第二新卒          :代表1名

☆【営業企画部/リクルーティングアドバイザー】 田畑晃子 氏
☆【総合企画部/リクルーティングアドバイザー】 日暮拓人 氏
☆【大阪支社/リクルーティングアドバイザー】  野口直樹 氏


 ●サービス(サポート)の力

   〇交渉力 :給与アップなど、実績を示す数字などはどうか?

  【「リクルートエージェント」サイトのチェック結果

   ・リクルートエージェントで転職し、その66.6%の人が年収UP(2006年度実績)していると宣言。
   ・求人企業の内情を熟知のキャリアアドバイザーが、年収やポスト、待遇などの交渉を代行とあり。
   ・転職サポートについて、4人のモデルケースで紹介している。


   〇独自のサービス、転職後サポートなどはどうか?

  【「リクルートエージェント」サイトのチェック結果

   ・キャリア査定(無料サービス)ができる。
   ・効果的な自己PRのノウハウ、面接での質問対策、日程調整をアドバイスという。
   ・言い出しづらい条件の交渉、入社日までの調整という。
   ・転職プランニングマガジン
   ・営業拠点 :業界最多。東京、横浜、さいたま、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡などの20拠点


非公開求人数や質
  (新分野進出などと言った企業の重要な秘密の求人は、決して目に付くところにはないでしょう。特に経験の十分ある転職者の希望職は、非公開求人の中に多いと思います。これも数ではなく、質が重要でしょうか。)


  【「リクルートエージェント」サイトのチェック結果

  総求人数:約8万人(2008年8月) 中
  ・非公開求人件数:約68,000件(約85%)(2008年8月)
  ・公開中の総求人: 3,740 件(2008年6月)  ありました。


  【「リクルートエージェントのトップページ上部の求人検索をクリックで入り、「キーワードで探す」の検索テスト

  ・このページで、業種や職種など細かい条件なしで、検索ワードを「プログラマー」として入力検索してみました。

 ヒットした非公開求人件数 : 415 件( 85% )、公開求人件数 : 63 件。テストの結果、このキーワード検索機能の利便性は高いと感じました。

 なぜなら、「プログラマー」などの職種の人は業界を選ばないでの検索があるからです。また、さらに非公開求人にもヒットと記載ありましたが、登録しないと見られません。

 リクルートエージェントが言う、「非公開求人」の中身は、新規事業戦略にかかわる人材の募集 、人気企業による「魅力的な仕事」の人材募集 、株式公開を控える企業の「公開要員」募集 、専門性の高い人材を求める「ピンポイント」募集 とのことです。

  ・公開中の求人にヒット:63件については、20件ずつ一覧表示出来ました。

  【16万人超の登録・転職決定者の職種比率 % 】

  ・営業、IT・通信系エンジニア、人事、総務、法務、秘書、設計開発・研究職が比較的多く、大手だけあって、満遍なくカバーしてるようです。

営業 22%
IT・通信系エンジニア 16%
人事、総務、法務、秘書 12%
設計開発・研究職 10%
経理、財務 5.0%
マーケ、広報、IR,商品企画、販促、物流、4.0%
品質管理、生産管理、生産技術、 4.0%
金融スペシャリスト 3.0%
流通スペシャリスト 3.0%
建築、土木系職種、 3.0%
医療スペシャリスト、2.0%



■サイト内の関連ページ

 ・リクルートエージェントに対する評判(良し悪し)の特徴
 ・人材紹介会社お薦めランキング






 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.