人材紹介会社(転職エージェント)の評判を分析

サイト内の最も関連の深いページ

人気の人材紹介会社(転職サイト)をランキング
(キャリアアップ志向の転職サイトを人気ランキングで比較)

人材紹介会社に対する評判を多面的に分析

 人材紹介会社は、「転職エージェント」などと呼ばれる場合もあります。本サイトは、人生の転機である転職に当たり、人材紹介会社を利用出来ないかと考えている人の利便性を考えて、人材紹介会社の評判をいくつかの視点、観点から調査しました。

 

 人材紹介会社に対する評判や評価を、ネット上の信頼できそうな大手の口コミサイトである3社の質問と回答から、ここ5年程度を調べて、その特徴的事柄をピックアップして分析評価を行いました。

 

 対象の人材紹介会社に対する利用者の評価が浮かび上がってくるように、書き込み内容の分析と評価には努力しましたが、弊社のサイトに書いたものが、すべて正しい訳ではありません

 

 その理由として、調査は、個人が体験した時のたった1件の感想(意見)に対する評価から構成されます。もちろん同じような体験、感想が複数出てくれば信頼度は増すでしょうが、たった1つでも刺激的な悪口の方がより印象的です。大手サイトの場合は、利用者数が非常に多く、また、いろいろな種類の人がクチコミサイトに登録して利用しています。

 

 このため、この調査を数年に渡って行っていますと、普通に良いと感じたことを投稿して書き込もうとする人は少なく、それよりも、ちょっとでも悪いと感じた時の印象は後まで残るようで、悪いクチコミの方が増える傾向が見られるように感じられます。

クチコミ分析のチェック視点

 クチコミを分析する時の視点をいくつか設けて眺めて評価しました。多くの利用者が心配している点は、

 

★チェック視点:登録する転職者のキャリアやスキルによって対応が違うのではないか」ということです。特に職務経験の少ない人や、未経験の業界や職種に挑戦しようとする人は、それが大変気になります。

 

 また、

 

★チェック視点:希望分野で紹介してもらえる求人案件については、それが豊富にあるのかどうか、あるいは、じっさいに自分の希望に沿った求人を紹介してくれるのかどうかなど、事前に知りたい気持ちがあります。もしかしたら、(この紹介会社の)不得意な業界や職種を探していないかなども含まれます。

 

 あるいは、

 

★チェック視点:コンサルタントの対応やサポートは、評判が良いのか悪いのか、親身になって相談してくれるのか、あるいは事務的なのか。相性の良くないコンサルタントに当たることもあると聞いているが、そんな時はどうしようか、など、多くあります。

 

 よくある利用者の人気度や、満足度ランキングなどが高くても、それは総合平均的なことなので、利用者本人にとっては、合っていない場合などもあるでしょう。そんな観点、視点から、以下、分析・評価して見ました。

 
 

 
リクルートエージェント パソナキャリア DODA(デューダ) JACリクルートメント マイナビエージェント typeの人材紹介