天職のくち入れ屋 ロゴ

履歴書の各欄の書き方

履歴書を書く際に、多くの人が悩む項目各欄の書き方の1つ1つを簡潔解説。

カテゴリーTop ヘッダー写真

履歴書 TOEIC

 履歴書にTOEICのスコアを書くことができると、英語力のアピールになります。

履歴書 短所

 履歴書の短所を書く欄は悩みどころの一つです。自分自身のネガティブな部分を記載することになりますので、一体どう書けば前向きかつ、正直な印象を与えられるのかが一つの課題になります。

履歴書 住所

 履歴書に住所を書く時は、略さない正式な住所を書くようにしましょう。

履歴書 英検

 履歴書に英検資格を書く際は、その級レベルを判断基準としましょう。一般的に言って、英検で履歴書に書けるのは2級以上です。

履歴書 JIS

 履歴書はJIS規格のものを使用するように求められる場合があります。

履歴書 サイズ

 履歴書のサイズはいくつか種類があります。一般的なのは、見開きタイプのB5サイズとA4サイズです。

履歴書 運転免許

 履歴書に運転免許を書く際には、正式名称として「普通自動車第一種免許」と略さずに書きます。

履歴書 印鑑

 履歴書は印鑑を押す欄があるものとないものがあります。履歴書の書式として捺印欄が統一されていないということは、捺印自体はそこまで重要なものではない、ともとることができます。

履歴書 免許

 履歴書の免許欄は、自分のこれまでの努力や持っている能力を客観的に証明するものです。あまりにもレベルの低い級数のものは別としても、アピール材料になるものはどんどん書いていきましょう。

履歴書 早見表

 履歴書の早見表と言えば、入学及び卒業年度の早見表ですね。

履歴書 得意 科目

 履歴書に得意な科目を書く際、「国語」「数学」などの単語≠ナ終わらせてしまわないように工夫しましょう。

履歴書 添え状 例文

 履歴書の添え状の例文は、就職関連の書籍やインターネットで探すと案外簡単に見つけられます。

履歴書 退職 理由

 履歴書に退職の理由を書く際は、どう書けばマイナスイメージにならないか、大変気になるものです。

履歴書 性格

 履歴書に性格が表れるとはよく言われるところです。何百、何千もの履歴書を見てきた採用担当者からすれば、履歴書にザッと目を通しただけでその人の人となりがわかるものです。

履歴書 年号

 履歴書の年号を、西暦で書くべきか元号で書くべきかは案外悩みどころですが、日本の企業に応募するのであれば、やはり元号が基本となります。

履歴書 送り状

 履歴書に送り状を添えることは、ファックスに送信状を添えるのと同じことで、本来は礼儀としてつけるべきものです。

履歴書 長所 短所

 履歴書に長所と短所を書くことは、簡単そうで悩んでしまうものです。長所はわかっているが短所が思い浮かばない、あるいは「積極的です」「頑張り屋です」と言った、あいまいな言葉しか浮かばない、ということも多いでしょう。

履歴書 賞罰

 履歴書の賞罰欄は、一般的には「特に無し」と書くのが普通のようです。書き位置としては、職歴から一段あけて「賞罰」と書き、次の段に「特に無し」などと記載します。

履歴書 資格

 履歴書の資格欄は、どんなスキルがあるのか、どれくらい自己啓発の努力をしてきているのか、専門性はどれほどなのか、といった、その人の探究心や努力、また関心の方向性を見るための項目と言えます。

履歴書 長所

 履歴書の長所・短所欄も、一瞬ペンが止まり悩んでしまう箇所の一つです。この機会に自分の長所と短所を分析、把握しましょう。

履歴書 趣味

 履歴書の趣味欄は、記入する際に案外迷ってしまう項目です。大体のケースでは、読書や音楽鑑賞など、いわゆる無難なものを記入しているようです。

履歴書 学歴

 履歴書で学歴を書くときには、学歴のどの部分から記載すれば良いか、また書き方などが気になります。

履歴書 自己PR

 履歴書の自己PRに何を書いたらよいのか、これは誰もが頭を悩ませるところです。

履歴書 書き方 職歴

 履歴書の書き方で職歴の部分をより有効に利用しましょう。特に書類選考がある場合、職歴の書き方は意外とよく見られており、そこからその人の経歴に興味を持つ場合も多いものです。

履歴書 特技

 履歴書の特技を記入する欄に、一体何を書けば良いのか迷うことが多いと思います。自分で自覚できるほどの特技があるかどうかも、実際には曖昧なものだからです。

履歴書 写真

 履歴書の写真は、それ一枚で採用担当者の印象を左右するほど、大切なものと言われています。

履歴書 志望動機

 履歴書の志望動機欄は、誰もが苦労する項目でありながら、最も重要で手が抜けない箇所でもあります。逆に言えば、履歴書の志望動機で採用担当者の目に留まれば、書類選考を高い確率で通過できる可能性があるのです。


 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.