天職のくち入れ屋 ロゴ

面接の知識

面接に際し、社会人としてのルールやマナーの最低限のところは押さえて置きたいですね。また、合格するには、どう自己アピールしたらよいのでしょうか。
Last Update:2014. 6. 18

カテゴリーTop ヘッダー写真

採用担当者や面接官が採用(内定)を決めた理由

 採用担当者や面接官が採用(内定)を決めた理由などの紹介です。転職サイト「DODA」や「リクナビNEXT」で、見つけた事例から、採用を決めた理由の部分だけを抜き出して紹介しました。

不採用の理由ベスト5

不採用になった理由はわからないことがほとんどです。たとえ経験・スキルは十分でも、どんな面接での回答や態度に人事は「NG」を出すのか、人事採用も担当する現場エンジニア200人にアンケートして聞いた、不採用の理由ベスト5に挙がったものの上位ランク5。

面接 必勝法

 面接の必勝法があれば、とても心強いものですね。マニュアル本も数多く出ていますが、面接結果を最も左右するのは、何よりもその人の真剣な気持ちであると言えます。

面接 よくある質問

 面接は、よくある質問にいかに印象的な答えができるかで、大きく採用結果に左右するものです。

面接 受け方

 面接の受け方、という決まったものはなくても、意識しておくことで面接をスムーズにするポイントはあります。

面接 ポイント

 面接のポイントは、マナーから質問への答え方まで様々な点が考えられます。

新卒 面接

 新卒の面接は、中途採用とは異なり、複数回行われるのが一般的です。一次面接では学生4〜5人をまとめて面接します。以降、採用決定までに3回程度の面接を繰り返していきます。

面接 作法

 面接の作法というもの自体は、特に存在するわけではありませんが、社会人としてのマナーは最低限守れるようにしておきましょう。

面接 スーツ

 面接はスーツ一つ選ぶにも大変悩むものです。男性の場合はダブルだと偉そうに見えるので、シングルのスーツの方が良いでしょう。

バイト 面接

 バイトの面接だからといって、軽んじることのないようにしましょう。バイトと言えど、お給料をもらって仕事をする以上はそれなりの心づもりで取り組む必要があります。

パート 面接

 パートの面接も、基本的には通常の就職活動での面接と、内容もチェック箇所も同じです。志望動機、社会人としてのマナー、知識や経験などが見られています。

面接 退職理由

 面接で退職理由を聞かれるのは、もはや定番の質問事項として心得ておかなくてはなりません。

面接 髪型

 面接で髪型は知らないうちにチェックされているものです。髪形そのものが合否を決めるものではありませんが、自分の第一印象を左右するので、気を遣いたいところです。

面接 断り方

 面接の断り方は、できるだけ迅速かつ無難なものが望ましいでしょう。先方の企業は、面接のために時間と場所をわざわざ割き、スケジュールを調整していますので、できるだけ早く連絡をしなくてはなりません。

面接 入室

 面接で入室する際には、どんなことに気をつければよいのでしょうか。面接には、個人面接と集団面接とがありますが、基本的にはどちらも同じマナーとなります。

面接 心得

 面接の心得は、不安な面接をできるだけスムーズにし、効果をよりあげるためめの心構えでもあります。身だしなみを始めとする心構えは、しっかりと持っておきましょう。

面接 お礼

 面接のお礼として手紙を書く場合があります。これについては、お礼状を出すことは特に選考を左右しないという意見と、出した方が絶対的に印象が良いので出すべきだという意見に分かれるところです。

面接 マニュアル

 面接のマニュアルが巷には多く出ています。面接でよく聞かれる質問や、それにどう答えるか、また面接時のマナーや好ましい志望理由例など、面接でどうしたら良いか全くわからない、という人には心強いツールとなっています。

面接 長所 短所

 面接では、必ずと言っていいほど、「あなたの長所と短所を教えて下さい」と聞かれます。ある意味定番のこの質問に対し、長所は自信を持って言えるが、短所をどこまで言っていいのか、という点で考えてしまいます。

役員面接

 通常の採用選考では、履歴書による書類選考を経て面接へと進みますが、現場責任者による面接から採用されるまでの間には、2回以上の面接を繰り返すことが一般的です。

面接 辞退

 面接を辞退するときは、何と言ってよいか大変悩むものです。辞退するケースは、面接を前にどうしても自信が出ず辞退を考える場合と、面接には通ったものの「どうも違う」と感じて辞退したい場合の二通りに分かれます。

採用面接

 採用面接は、企業の採用担当者と直接面談し、合否が決定されるものです。通常は、履歴書による一次書類選考の合格者が、次の段階として進む選考として面接試験があります。

面接 服装

 面接は服装にも気を使いたいものです。面接の際、部屋に入ってまず一番に目につくのが服装であるため、その人の第一印象を左右しやすいと言えます。

面接 志望動機

 面接で志望動機を聞かれたら、できるだけ具体的で前向きな動機付けを訴えましょう。企業側も、履歴書だけでは見えてこないその人の資質を、特に志望動機から読み取ろうとします。

面接 自己紹介

 面接で自己紹介をする際は、これが企業に与える自分の第一印象であると自覚して挑みましょう。面接の最初の段階では、簡単に自己紹介をして下さい、と求められることが多々あります。

面接 自己PR

 面接で自己PRが成功するかどうかで、採用選考が大きく左右されます。面接という1回のチャンスで自己PRをうまく行い、企業側の目に留まるには、企業側の思惑を知ること、自分自身を知ること、そして社会人としての最低限のマナーができていることの3つがとても重要になります。

面接 マナー

 面接はマナーもよく見られていますので、細部まで気を抜いてはいけません。企業側は面接の際、応募者の立ち居振る舞いも非常によく見ているものです。

面接 質問

 面接で質問される項目は、できれば予め予想して対策を立てておきたいものです。

面接 対策

 面接は対策を事前に考えておくと、その場で慌てず対応することができます。

転職での面接

 あなたが型破りな人で、その特徴をみて欲しいと思っていても、社会人としてのルールとマナーの最低限のところは、しっかりと押さえて面接に向かう必要があります。

 ・通された部屋で、面接官を待っている間に、雑誌を読んだり、灰皿があってもたばこを吸うのは、止めておきましょう。面接官が入室したとき分かります。

 ・面接官が入室したら、立ち上がって、「よろしくお願いします」と軽くおじきをします。

 ・経験してきたことで、自分を紹介できるものや、文書があれば(前の会社の社外秘は、絶対まずいですが)、あとで見てくださいといって渡しましょう。




 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.