サイト名:「天職の転職エージェント(人材紹介業)」の画像

面接での服装や髪型

面接は服装や髪型にも気を使いたいものです。面接の際、部屋に入ってまず一番に目につくのが服装であるため、その人の第一印象を左右しやすいと言えます。
Last Update: 2020. 3.13

人材紹介サイトであることを示すイメージ写真

面接での服装や髪型

【面接での服装】

 面接は服装にも気を使いたいものです。面接の際、部屋に入ってまず一番に目につくのが服装であるため、その人の第一印象を左右しやすいと言えます。

 人間は第一印象でその人に対する先入観を決めるものだと言いますので、見た目にも十分気を使いましょう。

 ポイントは、清潔感があってナチュラルであることです。原則としてスーツを着用し、色は男性ならダーク系、女性で明るい色を選ぶ場合は淡い色が好印象です。

 また業種によって好まれる服装も変わってくるでしょう。営業職の場合はワイシャツやネクタイに工夫を見せても良いでしょうし、ファッション系の場合はセンスを表現するのも手です。

 また職種を問わず大切なのは、華美すぎないこと、髪の毛やひげも手入れし清潔感を持たせることだと言えます。

【面接でのスーツ】

 面接はスーツ一つ選ぶにも大変悩むものです。男性の場合はダブルだと偉そうに見えるので、シングルのスーツの方が良いでしょう。

 スーツ選びは女性の方が悩みが多く、スカートの方がいいのか、パンツスーツでもいいのか、スーツの色や形など悩みだしたらキリがありません。

 現在では、女性でもパンツスーツを着用し面接を受ける人が多くなりました。特に営業職ファッション系など活動的なイメージが必要な職種では、パンツスーツを効果的に利用することも可能です。

 どうしても心配ならば、やはりスカートスーツを着用すると良いでしょう。この場合ワンピースはスーツには入りません。

 色はダーク系が無難ですが、女性の場合は清楚な淡い色でも問題ありません。受ける企業のカラーや何次面接なのかによっても、着用するスーツの種類を変えてみても良いでしょう。また新卒者の場合は、やはりスカートスーツの方が一般的と言えます。

【面接での髪型】

 面接で髪型は知らないうちにチェックされているものです。髪形そのものが合否を決めるものではありませんが、自分の第一印象を左右するので、気を遣いたいところです。

 基本的に、おしゃれであるかどうかよりも、会社という場、面接という場に相応しいかどうかを見られています。

 主に目が行くのが、髪のカラーと長さ、まとめ方です。今はカラーをしていない人の方が少数派かも知れませんが、そうは言っても相手は企業です。

 ファッション業界でもない限り、あからさまな茶髪や金髪は常識外と言わざるを得ません。ダーク系の落ち着いた色であれば、特に問題はないでしょう。

 長さは、女性の場合前髪が目にかからないこと、またまとめ髪にするなど、清潔感を持たせた方が好印象です。面接は、髪型で自分を表現する場ではないので、シンプル&清潔感をベースに整えるべきです。


【初めてのフリーランス!不安は、安定な収入の確保だが(PR)】

【グーグル広告】




 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.