サイト名:「天職の転職エージェント(人材紹介業)」の画像

面接の作法

 面接の作法というもの自体は、特に存在するわけではありませんが、社会人としてのマナーは最低限守れるようにしておきましょう。
Last Update: 2020. 2.22

人材紹介サイトであることを示すイメージ写真

面接の作法

【面接 作法 】

 面接の作法というもの自体は、特に存在するわけではありませんが、社会人としてのマナーは最低限守れるようにしておきましょう。

 まず面接で企業を訪問した際の最初の挨拶の仕方で、第一印象がまず決まります。

 1.目をしっかりと合わせ、ハキハキと挨拶をしましょう。

 1.面接場所のドアを開ける時にはノックを忘れず、入室を促されたら中に入ります。

 1.椅子に座る時は、腰掛けることを勧められてから「失礼します」と一礼し、座ります。

 1.お辞儀は、深々と敬礼する必要はなく、背筋を伸ばし軽く上半身を折る程度にしましょう。頭だけ動かすお辞儀は軽くなり過ぎますので、気をつけましょう。

 また尊敬語と謙譲語を取り違えないよう、最低限当たり前の敬語くらいは使えるようにしておきます。これは面接の作法というよりも、相手を訪問する際の基本的なマナーと言った方がよく、採用担当者はこういった基本的ビジネスマナーができている人物かどうかを、見ているのです。

【面接の心得】

 面接の心得は、不安な面接をできるだけスムーズにし、効果をよりあげるためめの心構えでもあります。身だしなみを始めとする心構えは、しっかりと持っておきましょう。

 採用担当者とは、しっかりと目を合わせ、ハキハキと受け答えしていきます。自分が発言するときは、自分の考えや展望、アピールポイントなどを明確に述べることで、積極性と将来性を演出できます。

 また全ての基本となる挨拶は、どんな場面でも忘れずきちんと行いましょう。

 態度面は気を使うことで直すことができますが、発言面では、やはり、あらかじめ紙に書き出すなどして自己分析をし、しっかりとまとめておくことが効果的な受け答えを可能にします。

 総じて、清潔感、明瞭さ、自己把握を心がけることが、最も望ましいことと言えます。

【面接で入室】

 面接で入室する際には、どんなことに気をつければよいのでしょうか。面接には、個人面接と集団面接とがありますが、基本的にはどちらも同じマナーとなります。

 まず入室前には、必ずドアをノックし、中から入室を促されたら入ります。担当者が部屋に案内してくれた場合は、入室を促されるので、一言お礼を述べて入ります。

 入室の際は、失礼します、の一言を忘れず、目線を合わせながら軽く会釈し、ドアを閉めて椅子へ向かい、担当者から着席をすすめられてから、腰掛けます。

 椅子に深々と腰掛けると、偉そうな印象になるので、少し余裕を残して座りましょう。女性は足を揃え、手を腿の真ん中で合わせておきます。

 男性の場合は両腿の上に手をおくのが定位置です。ここから、面接の挨拶や自己紹介、会社説明や質問などが開始されていきます。

【面接の受け方】

 面接の受け方、という決まったものはなくても、意識しておくことで面接をスムーズにするポイントはあります。

 面接においてどういったところを見られているかについては、まず第一印象を決める外見と挨拶だと言えるでしょう。

 これは社会人として、出来て当たり前のことなので、これができない時点で採用判定外と言えます。面接では履歴書や質問などを通して、その人の経験やスキル、意欲や熱意を見ていきます。

 ここがアピールのしどころとなりますので、あらかじめ、自分の経歴の棚降ろしをしておき、自分の言葉でしっかりと話ができるようにしておきます。

 面接会場への入室から退室までの間も、気を抜いてはいけません。入室の仕方、お辞儀の仕方、話し方など、小さなところでも印象を左右するポイントとなり得ます。

【面接のポイント】

 面接のポイントは、マナーから質問への答え方まで様々な点が考えられます。

 最低限できるようにしておきたいのが、まず挨拶、服装など見た目の印象に気をつけること、目を見てハキハキ話ができること、ノックやお辞儀、できるだけ間違いのない敬語を使えることなど、

 いわゆるビジネス上のマナーの部分です。こういったことができるかできないかで、その人の人間性を判断されます。

 次に面接で受ける質問への答え方ですが、主に聞かれるのは志望動機長所や短所退職理由などで、

 これらの質問にうまく答えるには、まず自己分析を予めきちんと行い、自分の経歴や得たもの、努力が必要な事柄、そこから導き出される自己アピールをしっかりとまとめておくことです。

 全てにおいて、いわゆるマニュアル本を参考に無難な答え方をしてみても、企業側には何の印象も残りませんので、常識的な行動と自分で分析した言葉で挑むことが、面接を成功させる何よりのポイントとなります。

【面接の必勝法】

 面接の必勝法があれば、とても心強いものですね。マニュアル本も数多く出ていますが、面接結果を最も左右するのは、何よりもその人の真剣な気持ちであると言えます。

 絶対に内定を取るという気持ちがあれば、履歴書作成の時点から取り組みに工夫が出ますし、面接においても、あらゆる場面を想定すれば自ずと対策を講じる動きにも繋がります。

 さて、面接に挑むにあたってまず理解しておくことは、その企業はどういう人を求めているのか、ということです。

 そのためには企業の営業内容や募集職種、年齢層、事務所の雰囲気など、様々な点から研究しておくことも必要です。

 その上で、自分には企業の求人に合致する能力があるかどうかを自己分析します。そうすれば、面接の際にも、自分がどのように企業に利益貢献できるかを堂々と伝えることができるのです。

 ビジネスマナーのように最低限できて当たり前のことはもちろんとして、必勝法の原動力になるのは、その人の気持ち一つであると言えます。

【面接 対策】

 面接は対策を事前に考えておくと、その場で慌てず対応することができます。

 まず面接は、企業と応募者がお互いに、「この人は会社にとって利益となり得る人物か」「この企業は自分の希望する条件や将来性を備えているか」を判断する場となります。

 つまり応募者にとって面接において重要なのは、職場の雰囲気や会社説明からその企業に実感するのと同時に、自分がいかに魅力的で有益な人材であるかをアピールしなくてはならないということです。

 これは、まず事前に自己分析を行うことでかなりカバーできます。第三者からの評価も含め、

 自分の長所や短所、自分の経歴を通して、いかに成長してきたか、といった点をまとめておくことができれば、面接の際にも限られた時間で十分なアピールをすることができます。

 自分が短所と思っていることも、克服する姿勢を見せることで前向きな印象を与えます。自分をよく分析している人ほど、面接では自信を持って取り組むことができると言えます。

【面接 マニュアル】

 面接のマニュアルが巷には多く出ています。面接でよく聞かれる質問や、それにどう答えるか、また面接時のマナーや好ましい志望理由例など、面接でどうしたら良いか全くわからない、という人には心強いツールとなっています。

 面接について一から教えてくれる初心者向けのものから、戦略的に面接を攻略するものまで、内容もレベルも様々です。

 しかしマニュアルというのは共通して、『傾向を捉えた上でどう動けばよいか』という方向性を示してくれるものなので、マニュアルをもとにして自分で自分のための方法を考える、というのが理想的な使い方だと言えます。

 自分はなぜその企業を希望しているのか、企業はどういう人材を欲しがっていて何故自分を面接に残したのか、つまり自分を知り相手を知ることで、「どうすればよいか」が見えてくるものです。


【面接 お礼】

 面接のお礼として手紙を書く場合があります。これについては、お礼状を出すことは特に選考を左右しないという意見と、出した方が絶対的に印象が良いので出すべきだという意見に分かれるところです。

 一般的に言って、誰もが面接後に必ずしもお礼状を出しているわけではありませんので、必須なものではないと言えます。

 少しでも自分自身を印象づける戦略として出す場合もありますが、これは履歴書や職務経歴書ほどの効果はないと言えます。

 ですから出すのであれば、あくまでも「お礼」の気持ちを表すものとして、時間を割いてもらった感謝の気持ち、入社への熱意をさらっと書く程度にした方が良いでしょう。お礼状ですので、出すのであれば、面接当日に投函するのが原則です。

【面接を辞退する】

 面接を辞退するときは、何と言ってよいか大変悩むものです。辞退するケースは、面接を前にどうしても自信が出ず辞退を考える場合と、面接には通ったものの「どうも違う」と感じて辞退したい場合の二通りに分かれます。

 辞退することの是非はさておき、どちらもできるだけ早い時点で、先方に断りの連絡を入れるのがマナーです。

 メールでは気持ちが伝わりにくいので、嫌でも必ず電話で連絡します。聞かれない限り特に言う必要はありませんが、辞退の理由を尋ねられたら、他社から内定をもらったため、などと答えて差し支えありません。

 先方企業は面接のために時間と場所を割いているため、キャンセルしても迷惑を最小に抑えることができるよう、早めの連絡が原則です。


【面接 断り方】

 面接の断り方は、できるだけ迅速かつ無難なものが望ましいでしょう。先方の企業は、面接のために時間と場所をわざわざ割き、スケジュールを調整していますので、できるだけ早く連絡をしなくてはなりません。

 無断欠席などはもってのほかです。さて、書類選考に通り面接の連絡が来たはいいが、やはりどうも気が進まない、というのが断りたい主な理由となるようですが、

 断る際はそこまで正直に申し出る必要はなく、「他社に決まったので辞退したい」「家庭の事情により辞退したい」という程度で大丈夫ですが、できるだけ丁寧に、丁重に言うことを心がけます。

 気が進まなくても電話連絡で直接申し出るのが原則です。また、先方が予定を調整して面接を設定していることを考えれば、断る理由よりもできるだけ早く申し出ることの方がより大切です。


【初めてのフリーランス!不安は、安定な収入の確保だが(PR)】

【グーグル広告】




 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.