サイト名:「天職の転職エージェント(人材紹介業)」の画像

面接でよく聞かれる質問、「・・・・は?」と聞かれたら

面接でよく聞かれる質問、「・・・・は?」と聞かれたら、できるだけ具体的で前向きな動機付けを訴えましょう。企業側も、履歴書だけでは見えてこないその人の資質を、特に志望動機から読み取ろうとします。
Last Update: 2020.01.17

人材紹介サイトであることを示すイメージ写真

面接でよく聞かれる質問、「・・・・は?」と聞かれたら


 面接は、よくある質問にいかに印象的な答えができるかで、大きく採用結果に左右するものです。

 間違いなく聞かれるものとしては、志望動機が挙げられます。何故、その会社なのか、自分のスキルや経歴から言ってそれをどう活かせるのか、を伝えます。

 また、長所や短所についても聞かれることは多いでしょう。長所は自分を堂々とアピールできる材料ですが、

 短所についても冷静に分析することで、どういう対策方法があるか、短所についてどう取り組んできたかを述べることができれば、むしろ長所に転じることがあります。

 これまでの経歴やスキルについても細かく聞かれることがあります。応募書類に書ききれなかったことや、補足できることを、ここで十分にアピールします。

 また前職の退職理由も聞かれますが、ポジティブな方向性に結び付けて答えれば問題なしです。どれも、その場で焦らないよう、事前にきちんと考えをまとめておきましょう。

面接で質問される項目】

 面接で質問される項目は、できれば予め予想して対策を立てておきたいものです。

 採用担当者と直接向かい合い話をする面接は、求職者にとっては緊張を伴う最大の山場と言っていいものですが、事前にきちんと準備しておけば臆することはありません。

 まず面接の場では、ハキハキと受け答えをすることが鉄則です。また熱意を伝えるのは、飾られた言葉ではなく、素直で誠実な雰囲気の上に発せられる言葉であることも心得ましょう。

 よく聞かれる質問としては、

 ●志望動機
 ●前職での実績
 ●退職理由
 ●長所や短所、キャリアなどの自己分析

などについてなので、受け答えについては予め想定してまとめておくのがベストです。

 また、逆に質問はないかと聞かれることも多いので、ここで「特にありません」とならないよう事前に企業研究をするなどして備えておきましょう。

 質問されるということは、自分をアピールできるチャンスでもありますので、決して無駄にしないよう、積極的に挑みましょう。

【志望動機】

 面接で志望動機を聞かれたら、できるだけ具体的で前向きな動機付けを訴えましょう。企業側も、履歴書だけでは見えてこないその人の資質を、特に志望動機から読み取ろうとします。

 採用担当者が面接をする時には、その人を雇用した際の職務遂行能力や、周囲との協調性募集職種に適しているかなどを考えながら応募者を見ています。

 ですから応募者側としても、採用担当者が何を見ようとしているのかを機敏に察知し、相手の知りたいことと結びつけながら自分の志望動機をまとめていくと大変効果的です。

 「御社の業務内容に興味を持ち」、「御社なら自分を活かせる」などと、マニュアルどおりの志望動機は、あいまいすぎて何も伝わりませんので、

 自分が持つキャリアやスキルを、どう活かしどう貢献できるのかなど、具体的なコメントを入れることによって説得力が増し、採用担当者を納得させるだけの根拠付けとなるのです。

【面接で自己紹介】

 面接で自己紹介をする際は、これが企業に与える自分の第一印象であると自覚して挑みましょう。面接の最初の段階では、簡単に自己紹介をして下さい、と求められることが多々あります。

 ここで述べるのは自分のプロフィールだけではなく、簡潔な自己PRも同時に求められていると考えましょう。

 全体の長さは数十秒から一分程度におさめ、内容はまず挨拶、どこの誰か、簡単な経歴自分を表す最も効果的なコメントを盛り込みます。

 終始、自然な笑顔でハキハキと話すことで、印象も良くなります。採用担当者が自己紹介を求める時は、簡潔に終わるものを期待していますので、あまりに長い自己紹介は相手を飽きさせます。

 また、個別面接集団面接かによっても、採用担当者が自分に注意を向ける時間が大分変わってきますので、確認の上、できるだけ簡潔でよくまとまった文章を作っておき、面接時の第一印象を効果的に演出しましょう。


【長所 短所】

 面接では、必ずと言っていいほど、「あなたの長所と短所を教えて下さい」と聞かれます。ある意味定番のこの質問に対し、長所は自信を持って言えるが、短所をどこまで言っていいのか、という点で考えてしまいます。

 また「自分の長所や短所」というものは、普段は特に意識しない事柄であるため、聞かれて即答できるものでもありません。

 採用担当者がこの質問をするのは、その人の人物像を具体的に把握したい意図に加えて、その人がどこまで自分自身を客観的に理解しているのか、また特に短所をどのように克服するのかという姿勢をみたい、ということがあります。

 短所による失敗を繰り返さない努力をしている人は、仕事においても地道で前向きな取り組みができる人でもありますので、結果としてプラス評価となります。

 短所を知れば長所に転じますので、周囲からの評価も含めて自分自身を振り返り、書き出してまとめておくことが面接での質問を乗り切る策と言えます。


  【長所・強みの自己PR例文】 

●忍耐力があることをアピールする

 私の長所は忍耐力があるところです。何事にも意欲的に粘り強く取り組むことができます。

 前職でも、誰もが実現が難しいと敬遠していたプロジェクトに自ら挑戦しました。多くの課題と困難があり、苦しい時期もありましたが、周りの支えもあって、無事に成功させることができました。

●責任感があることをアピールする

 私の長所は責任感があるところです。仕事の大小に関わらず、自分がやると決めたこと、任された仕事に関しては、仕事の目標を達成するために最後まで責任を持ってやり遂げることができます。

 前職でも、チームリーダーとして5名のメンバーと営業目標を追っていましたが、どんなに目標から離されていても、決して諦めることはありませんでした。どんなに高い目標にも、メンバーと打開策を話し合い、すぐに実行に移し検証することを繰り返し行い、対目標比150%の実績を残すことができました。

マイナビエージェントから長所・強みの回答例から探す


  【短所・弱みの自己PR例文】 

●弱みが心配性な時

 私の短所は心配性なところです。私は、何をやる際も細かい部分まで気にしてしまいます。そのため、つい細かいところに気がいってしまうので、大局的な部分が見えなくならないように、気を付けるよう心掛けています。

●弱みが頑固な時

 私の短所は、何事にも責任感が強く妥協を許せないため、人には頑固という印象を与えてしまうことです。そのため、今まで以上に人の意見に耳を傾け、尊重し、協調性を持つことを心掛けるようにしています。

●弱みが優柔不断な時

 私の短所は優柔不断なところです。何事にも慎重になりすぎてしまい、判断に時間がかかることがあります。そのため、迷う時間を決めることや、すぐに判断すべきこととそうでないことを区別するように心掛けています

マイナビエージェントから短所、弱みの回答例から探す


【退職理由】

 面接で退職理由を聞かれるのは、もはや定番の質問事項として心得ておかなくてはなりません。

 転職者の場合、前職を退職して新たな就職先を求めていますので、企業側としては、その人が一体どんな理由で前の会社に見切りをつけたのか、ということを把握しようとします。

 退職理由の如何によっては、採用してもまた同様の理由で辞める可能性があるか、その人の人間的問題性はないのか、そして前職での不満に対しどのように対処したのか、などの点を知るためです。

 会社では様々な人間関係や様々な業務がありますから、必ずどこかで何かしらの不満は生じるものです。

 この不満に対する取り組みや処理能力を、企業は見ようとしているのです。ネガティブな要素をどれだけ自分の力に変えられるか、これもその人の能力の一つと言えます。


【初めてのフリーランス!不安は、安定な収入の確保だが(PR)】

【グーグル広告】




 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.