サイト名:「天職の転職エージェント(人材紹介業)」の画像

業界または職種を変えた転職に成功した人の共通項

 卒業後、初めて就職した会社に勤めながら、「もしかしたら自分には向いていないのでは」、「選択に失敗したかも」と感じている人も多いかと思います。これは不自然なことではない・・・就職後、3年以内で転職する人が、3割を軽く超えているという時代・・・
Last Update: 2021. 4.23

人材紹介サイトであることを示すイメージ写真

業界または職種を変えた転職に成功した人の共通項

【最も関連の深いサイト内のページ】
 ●成功する転職例−私の秘訣
 ●中途採用社員が活躍できる会社トップ30社



 卒業後、初めて就職した会社に勤めながら、「もしかしたら自分には向いていないのでは」、「選択に失敗したかも」と感じている人も多いかと思います。これは不自然なことではないと思います。

 だいぶ以前から、就職後、3年以内で転職する人が、3割を軽く超えているという時代です。特に、学生時代にアルバイトや企業内研修など何らかの職業体験のない人にとっては、起こり得ることです。

やりたい仕事を選ぶ


IT・インターネット・ゲーム業界の転職なら
ワークポート

 古い世代では、「3ヶ月、半年、1年、そして3年といった節目の期間まで耐えるのが当然だ。

その後で考えろ。」と言われた時代もありました。

 それも一理あります。

「ただ、今の人間関係や環境がいやだ」、という場合。

あるいは、就職のため、働くことの意義がよく分からないまま、周囲の評価や正社員になれるから入社したなどもあるからです。

この場合、ある程度の時が立てば解決することもあります。

ゲームの仕事を選ぶ

 しかし、働いて見て、はじめて自分のやりたいことに気付いた
(自分がそうでした。)

「やはり、これではなく、あれだったんだ。」と感じた、確信してしまった人は、いつしかその方向へ走り始めるものです。

 リクルートエージェントのサイトに、
業界または職種を変える「キャリアチェンジ転職」に成功した100名にアンケートを実施という報告が出ていました。

その内容を私見を交えながら、下記に書き出して紹介しました。

【「キャリアチェンジ転職」成功の秘訣】

 ★「やりたい仕事」への熱意が原動力

 転職理由の回答では、4割が「どうしてもやりたい仕事が他にあった」と回答していました。

 「どこで働くか」よりも「どんな仕事をするか」を重視する価値観や「やりたい仕事」を追求する熱意が、原動力になっているようです。

 (成功した人へのアンケート結果ですが)

2番目の「前の仕事が嫌だったから」の場合は、成功持続の率は低いと思います。

確率的に、次の仕事や職場も嫌になることもあるからです。

 消去法で選ぶと、いつかは当たるかもしれませんが、かなりの職種や業種を経験する必要があるからです。

 次は、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの意見です。

 「キャリアチェンジをするなら、多かれ少なかれ、今までの経験を捨てる覚悟も必要です。

未経験だからといってイチから育ててもらえるわけではなく、入社後には、ある程度の即戦力として期待されます。

それでも挑戦したいと思えるかどうか。自分の気持ちをよく確かめて、決断してください。」

(参考:ワークポートの「未経験からの転職」へ

 ★条件は「譲れないもの」だけに絞る

(アンケート回答者の声)
 ●「こだわったのは『仕事内容』のみ。
キャリアチェンジするなら、希望の仕事に就きたいという熱意が大切」
(26歳/ITエンジニア→Webデザイナー/ S・Tさん)

 ●「やりたい仕事ができるなら、ほかは高望みしない。これにつきます」
(30歳/食品会社→自動車関連会社/ T・Yさん)


 応募先選びでは、半数近くの人が「年収」や「企業規模、社格」にはこだわらなかったと回答しました。

 キャリアチェンジに成功した人は、すべてを手に入れたわけではなく、何かをあきらめてでも「やりたいこと」を実現した人が多いという結果です。

 「譲れない条件」を最優先し、「あった方がいい条件」をあきらめられるか

ここに、成功のカギがあるのかもしれません。


 もっと、直接的に具体的に言ってしまえば、

悩む

給料が減ってしまうよ。

そんな会社聞いたこともないよ。

君にその仕事が向いてるとは思えない。

また、失敗するかも知れないよ。」

などの

「友人、知人、家族、恋人など」のアドバイスや意見や評価を気にしないで、そこへ飛び込みたいという情熱があるかと言うことでしょう。

 譲れないものを取るためには、そのためには、捨てなければならないものも出てくるということです。

その覚悟が、成功に導いてくれる」ということなのかも知れません。


(アップルのスティーブ・ジョブズの「スタンフォード大学」でのスピーチ最後の言葉です:
ハングリーであり続けろ!愚かであり続けろ!Stay Hungry. Stay Foolish

 「先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。

 だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。

 何かを信じなければならない。直感、運命、人生、カルマ、その他何でも

 この手法が私を裏切ったことは一度もなく、私の人生に大きな違いをもたらした。」


(「第二新卒」とは、社会経験1年目から3年目くらいまでの人のこと。)


 ★応募先との接点を見つけてアピール

 さて、「やりたい仕事」を実現するためには、おそらく、転職したい企業は、やがて、本人の努力や(キャリアアドバイザーなどの協力)によって、いくつか見つかるでしょう。

 しかし、転職の望みを叶えるために、具体的にどうすればよいのでしょうか。あまりノウハウは使いたくはありませんが、リクルートのアンケート調査では、参考となる結果がありました。

アピール

 (アンケート回答者の声)

●「今までの経験を具体的にアピール。

ただし自慢にならないように気をつけました」
(28歳/事務用品メーカー→医療関連会社/ Y・Sさん)

●「小さなことでも前職との共通項目を見出して、積極的にアピール
(34歳/営業→総務/ K・Oさん)

●「応募先はリーダーシップを重視しているように感じたので、その点を強調して職務経歴書を書いた」
(34歳/電機メーカー→精密機器メーカー/ J・Nさん)


 上の表から分かるように、応募書類や面接で工夫したことの上位3位には、「能力」「実績」「意欲」「経験」など、前職で得たもののアピールがあがっています。

 未経験であっても、転職の選考では「何ができるか」が問われるようです。

 能力や経験が応募先でどう生かせるのか、接点を見つけてうまく印象付けることが大切です。

活躍するイメージ

 業界や職種が違っても、実績も能力を証明する格好の材料であり、また、十分にアピール材料になることがわかる結果でした。

 リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの意見では、

「応募先が入社後の活躍をイメージできれば、即戦力に近いという印象を与えることができます。

 そのために、応募先で能力や経験はどう生かせるのかを伝える、実績はどのような難易度の成果なのかをわかりやすく説明するといったことを心がけてください。」

 ということでした。

 以上、参考になれば、幸いです。

 ★本情報内容ページの詳細確認は、
→「業界または職種を変える「キャリアチェンジ転職」に成功した100名にアンケート」から出来ます。

【最も関連の深いサイト内のページ】
 ●成功する転職例−私の秘訣
 ●中途採用社員が活躍できる会社トップ30社


リクルートエージェントのトップページはここから

(「第二新卒」とは、社会経験1年目から3年目くらいまでの人のこと。)

■参考ページ :

 ★「リクナビNEXT」から、私の転職成功ストーリー

リクナビNEXT ネクス子


■サイト内の関連ページ:

 ・人材紹介会社の一覧


【初めてのフリーランス!不安は、安定な収入の確保だが(PR)】




 特集のページ
お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職サイトを実データで比較評価 Allrights reserved.